JURISTAT DRAFTING

Juristat Drafting は、特に難しい特許分類や技術センターを避ける上で役立ちます。

Juristat Drafting で出願言語を分析することができるため、出願前に技術センターと分類を予測することが可能となります。すなわち、Drafting を利用すれば査定率の低い分類への割当が回避できることを意味します。